妊婦の便秘を早急に解消~お腹スッキリで赤ちゃん快適~

サプリメント

腸の運動異常について

便秘や下痢、腹痛といった、腸の運動異常を過敏性腸症候群と言いますが、その原因はストレスとされており、脳が感知したストレスが、腸でセロトニンという物質を分泌してしまう結果、そのような症状に見舞われるそうです。対策としては、薬物治療をしながら、ストレスの元を解明し、こまめにそれらを解消をすることです。

Read More...

健康管理には最適なゴマ

食物繊維には便秘を解消させる効果がありますが、一口に食物繊維といっても、不溶性と水溶性の2種類があります。便秘を解消させるには、この2種類の食物繊維のバランスが重要で、野菜からの摂取だけではバランスが崩れます。ゴマやセサミンからの摂取なら適度な不溶性食物戦が摂取でき、健康管理にはゴマが最適です。

Read More...

冷え対策をして体調を治す

冷え性のみならず、あらゆる体調改善のためには、便秘を解消するのが最優先事項です。便秘が起こると、便の腐敗が進み、腸内環境悪化のみならず、毒素が血液を通して体内を駆け巡り、体調悪化を引き起こす可能性があるからです。

Read More...

スムーズな排便のために

体に赤ちゃんを宿していると妊婦は便秘になりやすいです。放っておくと痔になることもあるので、腸内環境を整えましょう。

腸の圧迫や体温の上昇

妊婦は便秘しやすいのですが、その原因は複数あります。 まずは胎児の成長による子宮の膨らみで、腸が圧迫されてしまうという原因です。圧迫されることで腸が狭められれば、便はその中をスムーズに移動することができなくなり、その結果便秘となってしまうわけです。 また、体温が上昇することも妊婦の便秘の原因のひとつとなっています。妊婦の体温は、妊娠していない時と比べると高めになります。体温が高くなると、その分だけ便の水分が失われやすくなりますし、その結果便が硬くなり、スムーズな排便が困難になってしまうのです。さらに、妊娠中に活発に分泌されるプロゲステロンというホルモンによって、便秘が引き起こされることもあります。 このように多くの原因で妊婦は便秘になってしまうので、日頃から予防のための工夫をすることが大事です。

予防のための工夫

具体的に、どのような工夫をすることで妊娠中の便秘を予防できるかというと、まずは腸の働きを活発にすることです。乳酸菌やオリゴ糖などを積極的に摂取して、腸内の善玉菌を増やすことで、腸の働きは良くなっていきます。 また、しっかりと水分補給をおこなうことも大事です。水分補給をすれば、体温の上昇によって硬くなった便も、柔らかくなっていくのです。さらに、ウォーキングやヨガなどの適度な運動によって、代謝量をアップさせることも有効です。 便秘が続くと、腸の中では悪玉菌の優勢が続くことになりますし、それによって腸内に多く存在している免疫細胞は弱っていきます。すると便秘だけでなく他の病気にもなりやすくなるので、胎児を守るためにも、多くの妊婦が便秘の予防や改善の努力をしています。